風水から見る表札

表札factory

風水から見る表札

表札は家の顔であり、家族の名前を紹介する大切なもので、風水的には、表札のない家は運気が下がるので、必ずつけることをおすすめします。
つける場所は、玄関の位置によって変わりまして、北、東南、南、南西、北西なら玄関に向かって右に、東北、東、西なら玄関に向かって左の位置につける事が好ましいです。
また、和風の引き戸の玄関なら、引き戸の真ん中の位置に取り付けると良いでしょう。
風水からみた表札のポイントとして、表札の素材が大切です。一番よいのは木で、ヒノキがおすすめです。
風水で開運を意識するのなら、自然素材の物が良くプラスチックなど人工的に作ったものや、石は避けた方が良いです。
また、字体は楷書と行書を合わせた、楷行書が一番縁起の良い書体と言われています。木の素材で注意する点は、字をを彫ってはいけないという事です。
字を彫るという行為は、お墓に対して行うものなので絶対に避けて、文字は漆などを盛り上げてつくると良いでしょう。

Favorite

医学翻訳依頼

http://www.honyaku-medical.com/

東京のウィークリーマンション

http://www.00monthly.com/

Last update:2016/6/9


トップ先頭へ▲