表札を手作りする方法

表札factory

表札を手作りする方法

表札には、その絵に誰が住んでいるのかを知らせる役割があり、郵便配達などの際には配達効率を上げる重要なもののようです。
どこの家の玄関でも見る表札ですが、最近では手作りのものもよく見かけるようになり、手作りのものを見るとオリジナリティーがあり、温かい印象を受けますよね。
手作り表札にも様々な種類があり、木やタイル、ガラスなど、何の素材で作るかによっても印象がガラッと変わってきます。作り方もそれほど難しくないものが多く、プレートにボンドなどで名前を貼り付けるものが主流です。
少し変わったものでは、刺繍で作った表札もあります。
これは外して洗えるのがいいですね。最近では、女性もののDIY工具なども発売されており、家でもDIYを楽しむ女性が増えています。
その流れに乗ってか、表札の作り方教室などというのもあり、一度参加して作り方をマスターしてみるのもいいかもしれませんね。
プレートに貼り付けるのもよし、裁縫が得意なら布を使って作るのもよし、字に自信があるなら木にそのまま名前を書いてしまうのも味があります。
世界に一つしかない家族だけの表札を作ってみてはいかがでしょう。

Valuable information

表札の取り付け

2017/6/15 更新


トップ先頭へ▲